« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »

2007年2月

ウン(・_・)

納得行く結果では無かったけど、頑張りました。
以前よりは、ずっと前進した気がします。

自分の中で、気持ちの切り替えが出来ました。
引き続き、勉強していきたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (3)

ベッド

今年は花粉がスゴイですね。
コンタクトを入れると、ガラスの破片が刺さってるような不愉快さ。

初めて、木製ベッドを組み立てました。身体中バキバキ。

コレなのですけどね。ジャスト1万円。( ´△`)アァ-
5時間近くかかり、翌日の夜も爆睡でした。

とりあえず、完成。
Photo_2
「2人での組立をおすすめ」って書いてなくても、2人以上の方が良いです。板を支え続けてないと、途中でヒビ入りそう。
不器用なのに、1人でやるんじゃなかったil|li_| ̄|○il|li

| | コメント (0) | トラックバック (1)

ハンゲームの問題。

2月は大航海時代オンラインの課金を止めようかと思った。
試験もあるし、節約したいし。
結局、続けることに。
数時間のプレイでチャットメインになりそうだけど。

大航海時代オンラインは、30日プレイ&モバイルで1.850円。
低スペックな割に、比較的高め。FF11が1.250円だし。
でも、嫌なことが少ない。
今まで遊んだMMORPGで、1、2位を争う治安の良さ。
これで癒されるなら、数時間でも良いかなと思ったり。

大航海時代 Online トライアルパック Software 大航海時代 Online トライアルパック

販売元:コーエー
発売日:2005/03/16
Amazon.co.jpで詳細を確認する

現実は競争社会。
バーチャルなゲームでまで、ストレスを感じたくないし。

ハンゲームは、人間関係が疲れる。

ハンゲーム公認ガイドブック Book ハンゲーム公認ガイドブック

著者:CRN,大神企画
販売元:毎日コミュニケーションズ
Amazon.co.jpで詳細を確認する


賛否両論だろうけど、運営方法は上手いと思う。
購買意欲や競争心をそそるコツをつかんでるし。

でも、「下手」「しね」「なんとか見せて、舐めさせて」なんて言われると、相手は小学-高校生でも、(ノ_-;)ハア…と思う。
タダでも、何か違うものを払ってる気分。
しかも、麻雀・花札・パチンコが治安が良くて、音ゲー・釣り・大富豪が荒れてるってのもスゴイ。

極端な話、小学生が近所の友達と遊ぶなら、それで良いと思う。
「どこ住んでるの?」「何歳?」
「お前、下手くそー」
「もう、アンタなんかと遊びたくない!出てって」
子供というのは、そういうものだ。
不幸の手紙だって、友情表現のひとつかもしれない。

そこに、イレギュラーな「大人」が入ってくる。それがネット社会。
ワールド・ワイド・ウェブで、世界中と繋がっている。
もちろん、違法行為・規約違反を行ってる大人もたくさん居る。
しかし、自分がリスクを背負ってることくらい知っている。

訴訟大国アメリカのネオペットと比較すると興味深い。

料金
ハンゲーム 基本無料 アイテム課金(18歳以上)
ネオペット   無料     スポンサー等が収入源

コミュニケーション
ハンゲーム 年齢制限なし
ネオペット  8歳以下、9-12歳、13-17歳、18歳以上 で制限
                 13歳未満は、保護者の同意書なしで、他プレイヤー
        との交流不可。

規約
ハンゲーム
http://customer.hangame.co.jp/guide_penalty.nhn
http://customer.hangame.co.jp/patrol_policy_generic.nhn
http://customer.hangame.co.jp/patrol_policy_bbs.nhn
http://customer.hangame.co.jp/patrol_policy_blog.nhn
http://customer.hangame.co.jp/patrol_policy_circle.nhn
http://customer.hangame.co.jp/patrol_policy_plus.nhn

ネオペット
http://www.neopets.com/help/goldenrules.phtml
http://www.neopets.com/help/goldenrules.phtml
http://www.neopets.com/wallofshame.phtml

ハンゲームの規約を読んでわかる小学生って、何%くらい?

最低ルールは簡単な言葉で書いてほしい。
まず、そこから始めて下さいヽ(´ー`)ノ

| | コメント (0) | トラックバック (11)

« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »