« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »

2006年10月

告白するなかれ

今、1番2アカにしたいゲームはmixi。

お久しぶりです。KLMです。

皆様の日記を読むと、かなり赤裸々な内容に驚いたり。
匿名性を利用した、ある意味ヒミツの日記なのだとか。

匿名という仮面を被るなら、

↓のようなバレバレなのではなく、

Official File Magazine 特撮ヒーローBESTマガジン VOL.6

↓くらい、用意周到なのでお願いします。

RED SHADOW 赤影

余談ですが、私のサイトは大抵、友人や家族も知ってます。
読む読まないはともかく、別に隠す気はないです。

三島由紀夫の『不道徳教育講座』に、「告白するなかれ」というのがあります。

不道徳教育講座

Book

不道徳教育講座

著者:三島 由紀夫
販売元:角川書店
Amazon.co.jpで詳細を確認する

尊敬していた友人が、酒場で自分の出自について告白。
告白された側からすれば、自分が相手に抱いていたイメージを壊され心外だ、と。
そんな話。

さすがに、プライベートで1対1で話す分には構わないと思うのですけど。

ネットで島崎藤村並の告白されても、どう対応すれば。

破戒 Book 破戒

著者:島崎 藤村
販売元:新潮社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

読み応えのある素晴らしい内容だと思います」
今後の展開に期待しています
こんなコメントつけて、一回アクセス禁止くらってみたくなったり。

見なければ良いだけの話だけど。

では、なぜ匿名性をいかして作った関係を、実像を見せ合って壊してしまうのか。

それは当然な気が。
もし、その社会に依存する限り、見て触れて確かめなければ不安だもの。

仮面舞踏会でしか、ガラスの仮面を外せない。
そこまで行くと、ある意味すごいなと思ったり。

| | コメント (0) | トラックバック (7)

« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »