« 貧乏学生のLOHAS感 | トップページ | パニック障害 »

いや、勉強しますよ

バイト無いときは寝てばかり。勉強しようよ、勉強。

あとは、小説読んだり。

『鬼平犯科帳』って、何巻まで読んだっけ? とか。

Book 鬼平犯科帳〈1〉

著者:池波 正太郎
販売元:文藝春秋
Amazon.co.jpで詳細を確認する

鬼平犯科帳〈24〉特別長篇 誘拐 鬼平犯科帳〈24〉特別長篇 誘拐

著者:池波 正太郎
販売元:文藝春秋
Amazon.co.jpで詳細を確認する

そういえば、『小説 吉田学校』も途中だわ。

小説吉田学校〈第1部〉保守本流 Book 小説吉田学校〈第1部〉保守本流

著者:戸川 猪佐武
販売元:学陽書房
Amazon.co.jpで詳細を確認する

関係ないけど、上の二冊って、両方ともコミック版が「さいとう たかを byゴルゴ13」なようですねぇ。

そのうち、無意味に『大菩薩峠』↓とか読み始めたらどうしよう。

大菩薩峠〈1〉 Book 大菩薩峠〈1〉

著者:中里 介山
販売元:筑摩書房
Amazon.co.jpで詳細を確認する

ザ・大菩薩峠―『大菩薩峠』全編全一冊

著者:中里 介山
販売元:第三書館
Amazon.co.jpで詳細を確認する

・・・わたし、何してるんだろ。本当に勉強しないと。

しかも、何かを考えて読んでる訳でもないし。

桜庭一樹の本は、そのうち詳細なレビューを書こうかと。

この人の最近の作品群って、「地方都市シリーズ」っていうらしいですね。

ココとか、ココとか。皆さん研究なさってるようで。

↓の東浩紀なども評論してるみたい。

動物化するポストモダン―オタクから見た日本社会 Book 動物化するポストモダン―オタクから見た日本社会

著者:東 浩紀
販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

桜庭一樹と、長野まゆみ小野不由美など比較も面白そう。

「美少女小説」「美少年小説」「往年の少女小説の過渡期」

みたく。

その延長で、「なぜ少女小説はボーイズラブだらけなのか

とか。

まあ、一昔前のテーマが「なぜ少女小説は、ファンタジーが主流となったのか」なのですけど。

それについて考えてた人達だって、まさかボーイズラブがこれだけ流行るとは思わなかったと思いマスヨ。時流? 

本当に、コバルト読者の8割はボーイズラブ好き

というか、本当に勉強しよう。試験近い。

自習王とかやってみようかしら。

webカメラ入れて勉強すると燃えるかしら。

|

« 貧乏学生のLOHAS感 | トップページ | パニック障害 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/3840/616530

この記事へのトラックバック一覧です: いや、勉強しますよ:

» 小説吉田学校 [DVD Check]
小説吉田学校 [続きを読む]

受信: 2006年6月 3日 (土) 08時52分

« 貧乏学生のLOHAS感 | トップページ | パニック障害 »