« 寒い | トップページ | バイト »

レビュー『ちゃお 1月号』 その1

漫画しかレビューを書いてない気が。

・・・・・・まあ気のせいでしょう。

ちゃお 1月号 レビューです。

表紙

「ありがとう! ちゃお30周年!!」

だそうです。

90年くらいに、雑誌 ぴょんぴょん と合併したんだっけ・・・・・・。

Wikipedia-ちゃお だと、1977年創刊・1992年合併なそう。

紆余曲折あるようですが、30周年ですか。

ふろく

クリスタルブレスレット×ファーバック

最近は、100均で売ってそうな大きな雑貨が主流です。

1月号ですが、カレンダーが見当たりません。

・・・・・・よく見たら、雑誌の1ページ目がカレンダーのようです。

カレンダーは流行らないのでしょうか。

応募者全員サービス

毎月あります。480円。

毎月応募していたら、部屋が凄いことになりそうです。

今月号は、ミニテーブル・クッション・フォトフレーム・小物入れ。

きらりん・レボリューション 4 (4) Book きらりん・レボリューション 4 (4)

著者:中原 杏
販売元:小学館
Amazon.co.jpで詳細を確認する

略して、きらレボ。

ちゃおで一番人気。表紙も付録も、きらレボ。

原宿でクレープ食べてるときに、スカウトされた中学生がアイドルに。

アイドル物のサクセス・ストーリーです。

恋のお相手に、アイドルユニット SHIPS というのが出てきます。

Kinki Kids とか、タッキー&翼 みたいなのですかね。

もちろん三角関係。

今月は、人気モデル藤堂ふぶき とのアイドル対決3回戦。

今回は自分で作詞したCD対決。

主人公 月島きらり -大塚愛

ライバル藤堂ふぶき-倖田 來未

って、感じですかね。

とにかく展開が速くて、読み易いのが特徴。アニメ化候補N0.1。

12月27日に5巻発売。

きらりん・レボリューション 5 (5)

作者は、中原 杏 先生。

先生の家に乗り込んで、裸エプロンでアピールする中学生を描いていた

すき・すき・だいすきっ の頃とは、エライ違い。

『極上!! めちゃモテ委員長』 にしむら ともこ 著

新連載。

自称・世界で一番カワイイ主人公 北神 未海(きたがみ みみ)。

クラス委員長をして、「かわいくてしっかり者」のワンランク上のモテ子を目指している・・・・・・高校1年生・゚・(ノД`) 

切ないですね。中学1年生なら、まだ良かったのに。

ストーリーは コスメの魔法 (1) みたいのっぽいです。

悩んでいるクラスの女の子をお助け! って、感じで。

恋のお相手は3人。

東條 潮 (主人公いわく未来の彼氏 陸上部期待のホープ

西崎 青  (学年一の秀才で女嫌い)

南雲 波人(クラスのマスコット的存在)

これも、6回で終わるんですかね。

くれない花吹雪  前回は忍者もの。

前々回は、変身×動物もの もも・もも・ピーチ

すくらんぶる-b! (1) ←すくらんぶるシリーズ以降は、停滞気味。

読んでる方が恥かしくなるほど、乙女心全開なら流行りそうなのに。

ボクのプラチナレディー 1 (1) Book ボクのプラチナレディー 1 (1)

著者:八神 千歳
販売元:小学館
Amazon.co.jpで詳細を確認する

超お金持ち高校に通う、貧乏少女のお話。

PS(プラチナステューデント)制度という、特待生制度があり、

PSの座を競って、

小田切 愛 

(主人公 出稼ぎ中の母親を支えて、一家を切り盛り)

伊藤 蓮太郎

(中学部ではずっとPSだった、愛の最大のライバル。

校内では、とある貴族の出身と噂されるが、実は八百屋の息子。

妹の病気を治すため、PS制度で、この大学の医学部に進学希望)

クリストファー・フィリップ

(某貴族の息子。色々と複雑なご家庭な模様。

いきなり、愛にプロポーズするが断られる)

前回、家が全焼した愛は、蓮太郎の八百屋で住み込みで働くことに。

しかし、疲労でPSの座が危うくなる。

学期終焉パーティーでティアラを受け取れば、2学期からもPS候補ということに。

プラチナのティアラは、会場で一番輝いた生徒に贈られるという。

愛はティアラを受け取るべく、淑女(レディー)の修行に励むことに。

なんというか、花とゆめ や LaLa っぽい漫画です。

皮肉っぽくない、桜蘭高校ホスト部(クラブ) (1) みたいな。

他のちゃお漫画みたいに、

実はクリスは悪の手下だった!!次回最終回、愛と蓮太郎は世界を救えるか!?

なんて、アホな素敵な展開は無いのですよ。

もっとファンタジー的要素の強くなると、高宮 智 先生↓ですかね 。

悪魔のくちづけ 悪魔のくちづけ

著者:高宮 智
販売元:小学館
Amazon.co.jpで詳細を確認する

『でびる★まじっく』 明野 みる 著

新連載です。本誌初登場。全3回かな。

大事故から、奇跡に助かった主人公。

実は、悪魔ウェイドに生き返らせられた。

彼に一目ぼれされ、悪魔の花嫁にされるべく、魂を狙われる主人公だが・・・。

まあ、ストーリーは言うことがないですけど、ギャグ漫画ですし。

私は、あまり笑えなかったのですが、笑いのツボは人それぞれですし。

絵柄は、ガンガンとかライトのベルスっぽい感じ。

カワイイけど、ちゃおではあまり受けないので、今後変りそう。

|

« 寒い | トップページ | バイト »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/3840/144731

この記事へのトラックバック一覧です: レビュー『ちゃお 1月号』 その1:

« 寒い | トップページ | バイト »