« ( ´ー`)フゥー | トップページ | 続・ダイエット »

レビュー『「うつ」をやめれば楽になる』

「うつ」をやめれば、楽になる―やっかいな心の荷物をおろしなさい Book 「うつ」をやめれば、楽になる―やっかいな心の荷物をおろしなさい

著者:フランク ミナース,ポール メイヤー
販売元:PHP研究所
Amazon.co.jpで詳細を確認する

邦題が過激なのですが、原題は『Happiness Is Choice』。

エイブラハム・リンカーンの言葉、

「大半の人々は自分で選んだ分だけ幸福だ」

に由来するのでしょう。

題名どおり、おっとりとした柔らかい文章です。

著者は敬虔なクリスチャンなので、牧師や神父の会話の様。

基本的には、よくある「うつについての説明本」ですが、

・うつの原因は怒りである。

・偽りの罪悪感を持っている

あたりは、鋭い指摘だと思います。

さて、この本の最大のポイント。

第3章「どうやって、うつを克服するか」

ですが、全体の3分の1程度しか書かれていないのが残念です。

まず、「できない」という言葉を言い換えること。

これは、なかなか効果がありそうです。

「夫と仲良くできません」

「なかなか愛人と別れられません」

「仕事が見つけられない」

「むちゃ食いがやめられない」

「夫とは仲良くしません」

「愛人とは別れません」

「仕事は見つけません」

「むちゃ食いはやめません」

と言い換える。

子供時代に、うつになることで不適当な報酬を得た経験が、うつを起こさせるとも言われています。

「できない」をすべて「しない」にかえれば、現実を避けることをやめ、自分をあざむくことをやめて、真実に生きられるようになる。

これは、実に的を得ていると思います。

ただ、頭で納得するまでには、時間がかかりそうですけど。

一応、「うつ」から抜け出す7つの習慣を転記しておきます。

そんなに凄い内容でもないですが。

1 毎日、人生に感謝し、生きる決心をする

2 毎日、黙想する時間を持ち、生活に取り入れる

3 怒りを翌日に持ち越さない

4 伴侶、子どもたち、親、兄弟姉妹、親しい友人たちと、時間をともにすごす

5 毎週、友人1~2人とともにすごす

6 自分に満足をもたらす、決まった日課をする

7 週1回、誰か1人のためにいいことをする

|

« ( ´ー`)フゥー | トップページ | 続・ダイエット »

コメント

活字が苦手なので、本ちゃんと読んでエライなぁと
思いました_(._.)_
マンガばっかりよんでるからどんどん頭悪く、
腐りつつあります…(´・ω・`)ノ みならわないとだ。

投稿: くろ | 2005年12月28日 (水) 15時43分

何気に漫画レビューのが多かったりします(;^_^A
頭悪くなりそうなバイトをしてますw

投稿: KLM | 2005年12月28日 (水) 18時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/3840/164572

この記事へのトラックバック一覧です: レビュー『「うつ」をやめれば楽になる』:

» 『家族が30日で出来た究極の「うつ」克服法』【病気とともに生きる】 [病気とともに生きる]
このブログを見つけて下さってありがとうございます。(*- -)(*_ _)ペコリ うつ病(鬱病)関連の情報を見つけましたので、よろしければごらん下さい。詳しくはMYブログまで!! [続きを読む]

受信: 2006年6月29日 (木) 23時43分

« ( ´ー`)フゥー | トップページ | 続・ダイエット »